書道家にしか売れないのが難点?

チタン製イメージ

印鑑の通販でチタン製の写真を見ていると、まるで銀の延べ棒のように思えてきます。
とはいっても銀の延べ棒なんて実際に見たことはありませんから、文鎮みたいなかんじですね。

丸いので文鎮にはならないかと思いますが、もしこれが四角形だったら確実に文鎮に見えてしまいます。
文鎮だと思わせつつ、実は印鑑でした! みたいなのも面白いかもしれませんが、案外誰にも気づいてもらえないような気もします。

ですが、文鎮と印鑑の話をしていてふと思いついたのですが、文鎮が印鑑だったら、便利な場面がありますよね。
普通の人はあまり使わないかもしれませんが、文鎮を使う人・・・書道家さんとかなら、どうでしょうか。

彼らなら文鎮も使いますし、最後に自分の名前を入れた後に自分の印を押す人が多いですよね。
印鑑を押すときなら文鎮を使わなくても大丈夫だと思いますから、文鎮が印鑑だったら、わざわざ別に印鑑を用意する必要がなくなるというわけです。

どうでしょう、結構良いような気がするんですけどね。
ですがさすがに、文鎮の重さのまま印鑑として使えば腕が疲れてしまいます。

文鎮の一部が外れるようになっていて、そこが印鑑になっているとかいう感じならいいのではないでしょうか。
そこの部分だけ、チタン製にしてみてもいいかもしれませんしね。

そして文鎮の逆側がさらに外れるようになっていて、そこには朱肉があるということになれば、印鑑セットを持ち歩く必要もなくなるというわけです。
書道家にしか売れないというのが難点なので、あまり需要がなさそうではありますが、発想としては結構面白いんじゃないかなと思うのです。

~ 話題のWEBサイト ~

<機能性抜群>チタン印鑑

医療器具や航空機にも使われる純チタン。
錆びにくく、耐食性に優れた性質をそのまま印鑑にしました!
今までのはんこのイメージを覆すスタイリッシュなデザイン!
表面が滑らかで朱肉離れが良いチタン印鑑は、業界で話題の一品です!

ページの先頭へ